moshiryu33の歌日記

へん歌やへん句どもを恥ずかしげもなく載せます。m(_)m

さ・く・ら

f:id:moshiryu33:20180423135836j:plain

 

  神宿る 花咲きぬれて いとかなし

          畑仕事の手 しばし休めん 

 

 

 

さ は田んぼの神

くらは 神の居場所

とは、いつ知ったことであったか。

 

このように華やかに咲く花であったからこそ、

労苦に耐え忍んだ古の人の心を慰めたのか・・。

仲間もそろそろ畑仕事を始めた。

 「遠くにけむる花の色がなんともやさしい」と聞いた。