moshiryu33の歌日記

へん歌やへん句どもを恥ずかしげもなく載せます。m(_)m

京鹿の子

f:id:moshiryu33:20170624093131j:plain

 ほんのりと薄紅染めて 京鹿の子

         若き娘の佇むごとく

 

 

 黄色い葉っぱがまず輝くように萌えるこの植物が少しずつ大きくなって、庭に明るさをもたらしています。花は時に虫に食われてさっぱりの年もありますが、今年はまあまあ咲いてくれました。

 名前からして鹿の子の斑点を表しているのか、よくわかりませんが、お弁当のデンブのような可愛らしさにいつも目を留めています。