moshiryu33の歌日記

へん歌やへん句どもを恥ずかしげもなく載せます。m(_)m

凍った石

                   f:id:moshiryu33:20190123080902j:plain

    厳寒の朝 石の文様美しき

          アスファルトとは違うものなり

 

 

あまりに寒い朝が続いています。

岩手山を撮ろうと、駐車場に出ますと、足元にきれいな石を見つけました。

でも、よく見れば、崩れたアスファルト

 

はっとして、やはり「物の実態」はその都度違うと感じました。

この新鮮さは、やはりこの寒さなくしてはないのですね。

  

 

  

さ・く・ら

f:id:moshiryu33:20180423135836j:plain

 

  神宿る 花咲きぬれて いとかなし

          畑仕事の手 しばし休めん 

 

 

 

さ は田んぼの神

くらは 神の居場所

とは、いつ知ったことであったか。

 

このように華やかに咲く花であったからこそ、

労苦に耐え忍んだ古の人の心を慰めたのか・・。

仲間もそろそろ畑仕事を始めた。

 「遠くにけむる花の色がなんともやさしい」と聞いた。

 

 

はざまの季

f:id:moshiryu33:20180402120906j:plain

 

あいまいな 空気の色

明るくぼんやりとしながら

どこかまだ 闇がかさなって

 

 それがこれからくる明瞭な春の兆し

 

小鳥は 美しい声でさえずり

今日のいのちを 生きている

 

 冬の間に死んだであろう

 多くのいのちの 面影は

 小鳥の声にも やどっているか

 

枯れたような枝に

小さな芽が生え

上へ向かっている

 

 寒くてももう 引っ込めはしない

  じっとするだけ

  植物は 伸びないではいられない

 

気温に左右され

みんなはざまを生きるが

 いのちはあいまいでいられない

 

ぼんやりした景色の中で

いただいたいのちのまま

 みな うごめき 生きようとしている

 

はざまの季(とき)

隠れた力に

 勇気をいただいた

あいまいな空の色にも

 希望が みえる

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

絵に寄せて

        f:id:moshiryu33:20180309175720j:plain

        

         トルコ石思い出させる空ありて 

                   佇む気配澄んでゆくなり

 

早世した松本俊介の『白い建物』。空と建物の白(陰もいい)が心に迫ってきました。

詩ができそうな、そんな予感です。

 

 

パシュート

f:id:moshiryu33:20180221224557j:plain

 

 

  パシュートの心技の呼吸ひとつなる

            氷上の闘い美しきかな

 

 

 

オリンピックも後半戦。

日本女子のパシュート金メダル、おめでとうございます!

イムリーで応援できました。

すごくいい滑りに(素人でも、その美しさや速さがなんとなくわかる)、大興奮。

 

選手の皆さんのこれまでの努力に敬服します。

ほんとうに、いい試合をありがとう!!

素晴らしかったです!! ささやかに酒粕で祝杯をあげました。

      

しばれ空

f:id:moshiryu33:20180115074121j:plain

 

   凍てついた空からりとし 潔し

 

毎日マイナス10℃~という寒の日々。

 

でも高気圧でよく晴れた空は、もし人が何かもやもやしていても、それをさっと払拭するような厳しさをもって迫ってきます。

いっそ潔く、心地よい。

 

こんな冬もいいものです。